catch-img

レシートキャンペーンとは?|特徴や実施例も併せて解説

対象商品を購入後にキャンペーンサイトにレシートをアップロードし応募するといったWebキャンペーンは、誰でも一度は見たことがあると思います。

購買促進や対象商品の販路拡大といった販促のために、対象商品や対象店舗での購入などを参加条件とするマストバイキャンペーンを企画する企業は多く、一つの手法としてレシートキャンペーンが採用されています。

この記事ではレシートを購買証明としてキャンペーンを行う際の、メリット、施策例について紹介します。


この記事の目次[非表示]

  1. 1.Webを活用したレシートキャンペーンとは
  2. 2.Webで実施するレシートキャンペーンのメリット
    1. 2.1.商品を選ばない
    2. 2.2.応募条件の設定の自由度が高い
    3. 2.3.購買証明の準備にかかる時間とコストを削減
    4. 2.4.手軽にキャンペーンに応募可能
    5. 2.5.OCR機能を使って事務局業務削減
  3. 3.レシートキャンペーンの施策案
    1. 3.1.流通タイアップキャンペーン
    2. 3.2.LINEを活用したキャンペーン
  4. 4.マイレージキャンペーン
  5. 5.まとめ


Webを活用したレシートキャンペーンとは

レシートキャンペーンとは、応募条件を満たしたレシートを撮影し、その画像をアップロードすることによって応募が完了するキャンペーンです。

購買後に発行されるレシートを使用し、目的に合わせた参加条件を設定することで、購買意欲や店舗誘導を促進することができます。

また、応募者の購買データを活用することでマーケティングに必要なデータの取得も見込むことができます。


Webで実施するレシートキャンペーンのメリット

Webキャンペーンでレシートを利用する際のメリットについて紹介します。


商品を選ばない

レシートに応募に必要な情報が印字されていれば、購買証明として使用することができます。

シリアルの貼りにくい形態の商品でもレシートを使用して様々な品物を対象商品としたキャンペーンが実施できます。


応募条件の設定の自由度が高い

他のマストバイキャンペーンと異なり多くの応募条件を設定することが可能です。
応募条件を組み合わせことでクロスセルやアップセルの効果が見込めます。


応募条件例

対象商品を含む合計1000円以上のレシート
○○スーパーで対象商品を購入のレシート
対象商品を2点以上購入のレシート
etc


購買証明の準備にかかる時間とコストを削減

購買証明にレシートを使用するため、キャンペーンの為に新しく購買証明を準備する時間や費用がかかりません。

また、レシートは購買時に発行されるため、キャンペーン開始日から店頭の商品を対象にすることができます。流通の状況により、対象商品が店頭に出ないといったことも回避できます。


手軽にキャンペーンに応募可能

購入したレシートをスマホで撮影しアップロードするだけでキャンペーンに参加することができます。

Webで応募してもらうため、はがきや切手などを用意する必要もありません。

そのため「応募したい」と思ったときにその場ですぐに応募でき、ユーザーの手間や参加ハードルを軽減できるという大きなメリットを得られます。


OCR機能を使って事務局業務削減

OCRを使用し、応募者からアップロードされたレシートの画像を解析することで、購入店舗・購入日時・購入商品・対象商品の購入点数・合計金額等の情報を自動でデータ化することができます。

データ入力の手間を省き、解析データによるレシートチェックが自動で行えるため作業時間を大幅に削減することができます。

レシートキャンペーンでのOCR解析については、こちらの記事をご参照ください。

  OCR解析の基本を解説!レシートキャンペーンでの活用ポイント | Dline レシートキャンペーンにおいて、条件を満たしているか目視でのレシート確認に多くの時間とコストを費やしていませんか?  レシート応募キャンペーンにOCR解析を活用することで様々な効果を得ることができます。 そこで、本記事では自動解析(OCR解析)の基礎知識から活用方法までを解説します。 株式会社デジタルライン


レシートキャンペーンの施策案

レシートキャンペーンは様々なパターンの施策を展開できます。
​​​​​​​施策案とポイントをまとめてご紹介します。


流通タイアップキャンペーン

複数のチェーン店舗でメーカーと共同開催してレシートキャンペーンを実施します。

メーカーは流通タイアップキャンペーンを計画し、バイヤーに向けて販売方法やサービスの立案、価格設定などを戦略的に行い、新商品の売り場確保や売場面積を拡大するという施策を打つことができます。

また景品をチェーンの商品券にすることで再来店にもつながります。


施策案

タイトル:○○スーパー×○○メーカー共同企画 ○○キャンペーン

対象チェーンで対象メーカーの商品を購入してレシートをアップロードしてキャンペーンに参加します。

当選者には対象チェーンで使える商品券をプレゼント。


期待効果

定期的にキャンペーンを実施することで売場の獲得や拡大、特定流通との関係性強化につながります。

対象チェーンへの再来店促進やアップセルにも効果的です。

メーカー⇔販売店間のエンゲージメントの向上、販売店同士の成功事例のシェアができることもメリットになります。


LINEを活用したキャンペーン

レシートキャンペーンに自社LINEアカウントを絡めたキャンペーンになります。

キャンペーンに応募する際に友達追加をしてもらい、WebもしくはLINE内でレシートをアップロードして応募します。

LINEと紐づけているため応募時の個人情報の取得が不要です。抽選を行い当選者にのみLINEのプッシュ配信を使用して個人情報の登録フォームを送付することが可能です。


施策案

タイトル:LINEで簡単登録レシート応募キャンペーン

自社LINEアカウントとの友達追加を行い、対象商品を購入したレシートをアップロードしてキャンペーンに参加します。

キャンペーン終了後に当選者に対してLINEから当選メッセージを送り必要情報を取得します。


期待効果

応募をきっかけに自社の公式アカウントの友だちが増え、プッシュ配信の機能を利用してセグメントにあわせた新商品情報や販促企画のお知らせなど、ターゲットにあわせた最適な内容をアプローチできます。

レシートキャンペーンでLINEを利用するメリットはこちら

  レシート応募キャンペーンにLINEを利用するメリットと実施のポイント | Dlineキャンペーン 販売促進活動の一つとして用いられる“レシート応募キャンペーン”には、SNSを利用して簡単に応募する方法があります。本記事ではLINEを利用するメリットや実施のポイント、キャンペーンの事例を紹介します。 株式会社デジタルライン


マイレージキャンペーン

ポイントをためて応募するマイレージ式のキャンペーンになります。

初回応募時にマイページ登録し、キャンペーン期間内にレシートをアップロードしてポイントを貯め、ポイントに応じた賞品コースに応募します。

そのため少ないポイントで応募可能なコースは新規ユーザーに向けて、多いポイントで応募可能になるコースはリピーターやロイヤルユーザーに向けて、など幅広いユーザーをターゲットにすることができます。


施策案

タイトル:貯めて当てようレシートキャンペーン

期間内に対象商品を購入してポイントをためてポイントに応じたコースに応募。

対象商品によって獲得ポイント数を変更し、対象商品の公平感を出すこともできます。


期待効果

購買行動をルーティン化してもらい、関係性を維持することで顧客ロイヤルティを高めることができます。


まとめ

本記事ではレシートキャンペーンシステムについて以下の事を説明しました。

  • レシートキャンペーンとは
  • Webキャンペーンにおけるレシート利用のメリットとは
  • レシートキャンペーン施策案

WebやLINEで応募するレシートキャンペーンを導入することで、事前準備や応募後のデータ集計にかかる業務の効率化につながります。

また、ユーザーにとっても、その場で簡単に応募できるというメリットになります。

効果的にキャンペーンを行い、新規顧客獲得、LTVの向上につなげましょう。


『Dline』では、レシートキャンペーンをWebで実施するためのキャンペーンシステムを提供し、デジタルプロモーションを成功に導く施策を実施できます。

最適なシステムの提案、開発、運用、事務局対応までをトータルでサポートします。 気になった方はぜひ資料請求及び、お問い合わせをお願い致します。

  お問い合わせ | Dlineキャンペーンサービス キャンペーンシステムの開発・運用、事務局代行までお任せください!ご相談、お問い合わせ、トライアル、デモのご案内まで、お気軽にご連絡ください。ウェブからLINEミニアプリ、TwitterなどのSNSキャンペーンツールまでご用意しております。 株式会社デジタルライン


人気記事ランキング

タグ一覧

キャンペーンのことなら
Dlineにお任せください!

フォームからはこちら(24時間受付)
お電話でのお問い合わせはこちらから
営業時間(平日)9:30~19:00