catch-img

レシート応募キャンペーンにLINEを利用するメリットと実施のポイント

販売促進活動の一つとして用いられる“レシート応募キャンペーン”には、SNSを利用して簡単に応募する方法があります。

ユーザーが気軽に参加できる手軽さはもちろん、実施する企業にも多くのメリットがあります。なかでも、LINEで行うレシート応募キャンペーンは、LINEのトーク上にレシートの画像を送信するだけで気軽に応募できる点が特徴です。

今回は、レシート応募キャンペーンの開催を検討中のマーケティング担当者の方に向けて、LINEを利用するメリットや実施のポイント、キャンペーンの事例を紹介します。

なお、レシート応募キャンペーンについてはこちらの記事でも詳しく解説していますので、興味がある方は併せてご覧ください。

  デジタルスタイルで実施するレシートキャンペーンのメリットとシステムの紹介 購買行動への付加価値を高められる“レシートキャンペーン”は、ユーザー側・企業側の双方に魅力があるマーケティング施策です。この記事では、デジタルスタイルで実施するレシートキャンペーンのメリットと効率的に実施するためのシステムを紹介します。 株式会社デジタルライン


この記事の目次[非表示]

  1. 1.レシート応募キャンペーンにLINEを利用するメリット
  2. 2.LINEでレシート応募キャンペーンを行う際のポイント
  3. 3.LINEミニアプリを利用したレシート応募キャンペーンの事例
  4. 4.まとめ


レシート応募キャンペーンにLINEを利用するメリット

レシート応募キャンペーンにLINEを利用することで、ほかのSNSを利用する応募キャンペーンとは違うさまざまなメリットがあります。ここでは、主なメリットを4つ紹介します。


①全世代の利用率が90%を超えている

1つ目は、LINEアプリのユーザー数の多さです。総務省情報通信政策研究所の『令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書<概要>』によると、2020年度におけるLINEの利用率が全年代で90%を超えていると報告されています。また、年代別でも、10~40代の利用率は90%以上です。


令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書<概要>

画像引用元:総務省情報通信政策研究所『令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書<概要>


仮に、利用者数の少ないSNSでキャンペーンを行った場合、参加者がアプリをダウンロードして、個人情報を登録するところから始めなければいけません。

一方、LINEの場合、既にアプリを利用している方が多いため、参加者が新たにアプリをダウンロードすることなく、友だち追加するだけでキャンペーンに参加できます。

出典:総務省情報通信政策研究所『令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書<概要>


②はがきや切手が不要で気軽に参加できる

2つ目は、参加者がはがきや切手を準備したり、送付したりする必要がないことです。

はがきにレシートを貼って応募する場合、参加者がはがきを購入して、個人情報を記入して送付するといった手間がかかります。

しかし、LINEの場合、普段から利用しているLINEと対象商品のレシートがあれば、誰でも気軽に参加できます。

また、LINEに個人情報を登録しておくことで、キャンペーンへ応募する際に、毎回個人情報を入力する手間も省けます。キャンペーン参加への敷居を低くすることで、キャンペーンへの参加率の向上に役立てられます。


③参加者と長期的な接点を持ちやすい

3つ目は、キャンペーン参加者と長期的な接点を持ちやすいことです。

LINEのレシート応募キャンペーンは、応募から当選通知までLINE上で行います。仮に、参加者が友だち追加後、すぐに企業のLINE公式アカウントをブロックした場合、当選通知を受け取ることができません。

そのため、自社LINE公式アカウントと友だち追加を行った参加者と、キャンペーン後も長期間にわたって接点を持ちやすいといえます。


④OCRによりスムーズにデータ化できる

4つ目は、OCR(Optical Character Reader:光学文字認識)(※)を用いたスムーズなデータ化を実現できることです。

レシートの確認に関しては、キャンペーン事務局でレシート画像を目視する方法もあります。しかし、目視での確認は判別に時間がかかり、条件を満たしていないレシートを見落とす可能性もあります。

OCR解析エンジンとAI学習エンジンを組み合わせたLINEのレシート応募キャンペーンなら、対象のレシートを瞬時に判別してデータ化できます。これにより、抽選作業の負担軽減や人的ミスの防止などが可能です。これにより、抽選作業の負担を軽減できます。

※OCRとは、手書きの文字や活字の画像データを文字認識して、テキストデータに変換する技術のこと。



LINEでレシート応募キャンペーンを行う際のポイント

LINEのレシート応募キャンペーンを行う際には、事前に確認しておきたいポイントがいくつかあります。ここでは、主なポイントを3つ紹介します。


①キャンペーンの目的を明確化する

1つ目は、なぜキャンペーンを行うのか、目的を明確にすることです。キャンペーンの目的は、認知拡大や新規顧客の獲得など、企業によって異なります。

キャンペーン内容や手法を検討するうえでは、自社がレシート応募キャンペーンを実施する目的を明確にすることが重要です。

たとえば、新規顧客を獲得したい場合とリピーターを獲得したい場合では、ターゲット層が異なります。LINEのレシート応募キャンペーンを実施する際は、目的を明確にしたうえで、ターゲットに即したキャンペーン内容を検討することが大切です。

ただし、自社商品・サービスやレシートの価格設定などにこだわりすぎて、参加までの敷居を高くしてしまわないように注意が必要です。


②KPIを設定する

2つ目は、KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)を設定することです。

KPIを設定したうえで、定期的な測定を実施することで、目的の達成状況や改善が必要な点を把握しやすくなります。

1人でも多くの方に参加してもらうことが重要となるLINEのレシート応募キャンペーンにおいては、目的達成状況の可視化は不可欠です。


▼KPIで設定する項目例

  • 応募数
  • 新規ユーザー数
  • ユニークユーザー数 など


③ブロックを防止する対策を行う

3つ目は、参加者にLINEをブロックされないように対策を行うことです。

参加者に自社LINE公式アカウントをブロックされた場合、セールやクーポンなどを含む情報を届けることができません。キャンペーンをきっかけにして新規顧客やリピーターの獲得を目指すためには、ユーザーと継続してコミュニケーションを取るために、ブロックされにくいような対策が必要です。


▼ブロックを防止する対策の例

  • メッセージの文字数を決めて、テキストを作成する
  • 絵文字を使いすぎないようにする
  • セグメント配信を行う
  • クーポンや割引などのお得情報を定期的に配信する
  • 通知が多いと感じるユーザーに“通知オフ”を行うように誘導する


なお、これらの対策を行うために、ターゲット分析を細かく行うことが大切です。



LINEミニアプリを利用したレシート応募キャンペーンの事例

LINEのレシート応募キャンペーンを実施する際は、LINEミニアプリを利用するのも一つの方法です。

ここからは、さまざまなデジタルキャンペーンを展開できるプラットフォームを提供する『Dline』のサービスを活用して、レシート応募キャンペーンを行った企業さまの事例を紹介します。


▼導入企業

調味料メーカーさま


▼キャンペーンの種類

LINEミニアプリレシート応募キャンペーン


▼キャンペーン概要

対象商品を購入した方を対象に、オリジナルグッズ・ギフト券をプレゼントするレシート応募キャンペーンを実施しました。自社LINE公式アカウントを使用して、対象商品の購入レシート画像をLINEにアップロードするだけで応募が完了。当選者にはLINEミニアプリのサービスメッセージで当選を通知しました。


このように、LINEを利用することで、手軽にレシート応募キャンペーンを実施できます。

なお、新規ユーザーがキャンペーンに参加する際は、キャンペーン参加時にLINEミニアプリの認証を行うことにより、アカウントを連動させて自動的に友だち追加することが可能です。

導入事例の詳細はこちらにまとめています。ぜひご確認ください。

  【事例】LINEミニアプリレシート応募キャンペーン | Dlineキャンペーンシステム メーカー様の公式アカウントでLINEミニアプリを活用したレシート応募キャンペーンを実施しました。公式アカウントの友だち増加に効果的なフローで実施できます。 株式会社デジタルライン



まとめ

この記事では、LINEのレシート応募キャンペーンについて、以下の内容を解説しました。


  • レシート応募キャンペーンにLINEを利用するメリット
  • LINEでレシート応募キャンペーンを実施する際のポイント
  • LINEミニアプリを利用したレシート応募キャンペーンの事例


国内利用者数の多いLINEを利用することで、幅広いターゲット層に向けた効果的なレシート応募キャンペーンを実施できます。

また、LINEミニアプリを利用する際は、友だち追加を条件にすることで、自社LINE公式アカウントの友だち数の増加や、オウンドメディアの活性化などが期待できます。

Dline』のLINE応募キャンペーンシステムを使えば、レシート応募やレシートマイレージをはじめ、キャンペーン用のLINEミニアプリを簡単に公開できます。

LINEミニアプリ独自の機能“サービスメッセージ”は、ユーザーへのリマインドや当選者への当選通知として活用できます。メッセージの配信はユーザーがブロックできないアカウントを使用するため、自社LINE公式アカウントをブロックされた際の友だち再追加の補助としても利用できます。

LINE応募キャンペーンの実施を検討している方は、ぜひお気軽にご相談ください。

  LINEミニアプリ×キャンペーンシステム | Dline LINE上で店舗・企業のサービスを提供できるプラットフォーム「LINEミニアプリ」内でレシート応募・シリアル応募等が展開できるキャンペーンシステムです。自社のLINE公式アカウントの友だち獲得に効果的なキャンペーンを実施できます。 株式会社デジタルライン


人気記事ランキング

タグ一覧

キャンペーンのことなら
Dlineにお任せください!

フォームからはこちら(24時間受付)
お電話でのお問い合わせはこちらから
営業時間(平日)9:30~19:00