catch-img

【事前準備】キャンペーン告知方法の種類とは

キャンペーンを開催するにあたり、集客や認知拡大などの効果を狙うには事前の告知が重要です。

いくら魅力的なキャンペーンを開催していても、消費者に知られていなければ集客・販促効果が見込めず失敗に終わる可能性もあります。

また、キャンペーンは、認知拡大を目的にした“PR型”と、売り上げ向上を目的にした“販売促進型”(以下、販促型)の2種類に分けられます。事前告知の方法がどちらの種類に適しているかを知り、キャンペーンの目的に応じて選ぶことも大切です。

この記事では、これからキャンペーン開催を検討している企業のマーケティング担当者に向けて、事前告知の方法を紹介します。


この記事の目次[非表示]

  1. 1.キャンペーンの事前告知を行う方法
  2. 2.まとめ


キャンペーンの事前告知を行う方法

キャンペーンを開催する際は、実施する目的やターゲット層との相性がよい方法を選ぶことがポイントです。

ここでは、キャンペーンの事前告知の方法を4つ紹介します。


①SNSの活用

1つ目は、SNSを活用して事前告知を行う方法です。

SNSの特徴である拡散力を生かすことで、商品・サービスの認知拡大や集客が期待できるため、“PR型”・“販促型”のどちらのキャンペーンスタイルにも向いているといえます。

また、複数のSNSを連動して告知できれば、自社商品・サービスのターゲット層ではないユーザーにも認知してもらえる可能性もあります。

さらに、キャンペーン応募時の条件を“Twitter公式アカウントのフォロー”や、“LINE公式アカウントの友だち追加”に設定することで、次回以降のキャンペーンを行う際の告知対象を増やすことができます。

なお、SNSで告知する際は、画像や動画、ハッシュタグなどを活用しながら、ユーザーがひと目で分かりやすいキャンペーン情報を投稿することが重要です。


▼SNSを活用した事前告知の例

  • キャンペーン告知の投稿を“いいね”することで当選しやすくなる情報を拡散する
  • ターゲット層に人気のインフルエンサーを起用して投稿してもらう
  • 各種SNSでキャンペーン開催の広告を出す


②メールマガジンの配信

2つ目は、既存顧客へメールマガジン(以下、メルマガ)を配信する方法です。

メルマガは、集客や販促につなげたい顧客に対して直接情報を届けることができるため、効果的に売り上げ向上を狙いたい“販促型”のキャンペーンに適した方法だといえます。

ただし、メールを開いてもらうには魅力的なタイトルを設置することも大切です。また、開催日程や場所、応募条件などキャンペーン情報が分かりやすい文面を作成することも工夫の一つです。

さらに、1回の送信だけではなく、キャンペーンが始まる1週間前や3日前、期間中や終了間際など、複数回に渡って送信することで、より効果が期待できます。


▼メルマガを活用した事前告知例

  • 実施1週間前に、キャンペーンの開催を知らせるメルマガを配信する
  • 地域や年代など、ターゲットを絞ったキャンペーンを実施する際に、セグメント配信を活用する


③プレスリリースの配信

3つ目は、キャンペーン内容をまとめたプレスリリースを配信する方法です。

配信先としては、新聞社・雑誌社・Webメディア・テレビ局などのメディア媒体が挙げられます。プレスリリースが各メディアの担当者に目をつけてもらえれば、テレビ番組で紹介されたり、雑誌で取り上げてもらえたりする可能性があります。

メディアで紹介された場合、キャンペーン情報が多くの消費者のもとへ届くため、“PR型”のキャンペーンに向いているといえます。

しかし、多くの企業がプレスリリースを配信しているため、必ずしもメディアに取り上げられるとは限らないという点がデメリットです。

少しでもメディアの目に止まる可能性を高めるためには、プレスリリースの書き方や配信するタイミングを工夫することも重要です。


▼プレスリリースを活用した事前告知のポイント

  • タイトルの冒頭にキャンペーン情報を記載する
  • 対象商品・サービスの成り立ちや特徴などを記載する
  • 商品・サービスやキャンペーン内容に沿ったイメージ画像を掲載する


④コミュニティサイトへの投稿

4つ目は、自社商品・サービスに関連したコミュニティサイト内で告知する方法です。

コミュニティサイトは、顧客のなかでも、より商品やサービスに愛着を持っている層が利用していると考えられます。キャンペーンに参加してもらいやすいことから、“販促型”のキャンペーンに向いているといえます。

キャンペーンが終了した後は、ユーザーの感想や意見を聞いて、フィードバックを生かしながら今後の取組みにも役立てられます。


▼コミュニティサイトを活用した事前告知のポイント

  • 顧客が該当商品・サービスの画像を投稿できるギャラリーを設置する
  • コミュニティメンバー限定へ一足先に告知を行い、さらなるファン化を促す



まとめ

この記事では、キャンペーンの事前告知の方法について以下の内容を解説しました。


  • SNSの活用
  • メルマガの配信
  • プレスリリースの配信
  • コミュニティサイトへの投稿


キャンペーンの開催を検討している場合は、事前準備としてキャンペーンの告知が不可欠です。告知方法にはSNSやメルマガ・プレスリリースの配布、コミュニティサイトへの投稿などさまざまな方法があります。

今回紹介した方法から、キャンペーンを行う目的や商品・サービスのターゲットに適した方法を選んでみてはいかがでしょうか。

また、キャンペーンを成功させるためには、告知方法だけではなく実施する際のシステム選びも重要なポイントです。

Dline』では、貴社の実施するキャンペーンの規模やニーズに応じて最適なキャンペーンシステムを提供いたします。キャンペーンのLP制作からローンチ、事務局対応など、キャンペーン開催に関するあらゆる業務をトータルでサポートいたします。

Dlineのサービスに関する情報は、こちらからぜひご覧ください。

  Dlineサービスの特長 | Dlineキャンペーンシステム Dline(ディーライン)ではキャンペーンの実施頻度やご予算等、ご利用ニーズに合わせたサービス形態をご用意しています。複雑なカスタムにも対応可能な技術力とセキュリティ体制でお客様の様々なご要望に柔軟かつ的確に対応いたします。 株式会社デジタルライン


人気記事ランキング

タグ一覧

キャンペーンのことなら
Dlineにお任せください!

フォームからはこちら(24時間受付)
お電話でのお問い合わせはこちらから
営業時間(平日)9:30~19:00