catch-img

プロモーションとマーケティングの意味とは? 違いやフレームワークについて解説

顧客のニーズを知り、商品・サービスの開発や改善に生かすには、市場の調査、分析、宣伝などが欠かせません。

これらの活動において“マーケティング”や“プロモーション”という言葉が使われますが、この2つの意味を混同している方も多いのではないでしょうか。

この記事では、マーケティングとプロモーションの意味や違い、マーケティングに活用できるフレームワークについて詳しく解説します。


この記事の目次[非表示]

  1. 1.マーケティングとは
  2. 2.プロモーションとは
  3. 3.プロモーションとマーケティングの違いとフレームワーク
  4. 4.まとめ


マーケティングとは

マーケティングとは、簡潔にいえば、効率的に商品・サービスを販売するための仕組みをつくることです。

一般的には宣伝戦略を指すことが多い言葉ですが、“消費者のニーズを十分に理解したうえで、それを満たす価値を生み、利益を上げること”と定義する経営学者もいます。


▼マーケティングの例

  • 市場調査・分析
  • 商品の企画・開発
  • 宣伝活動
  • プロモーション
  • 販売 など


商品・サービスを効率よく販売するためには、ターゲット層や価格だけでなく、消費者のニーズを満たす価値をどのように提供するかを考える必要があります。

ターゲット層に対して適切な方法で価値をアプローチできれば、顧客獲得や売り上げの向上が期待できます。



プロモーションとは

プロモーションとは、商品・サービスの認知拡大や消費者の購買意欲の向上、または新規顧客を獲得するための宣伝活動です。“セールスプロモーション”とも呼ばれます。

企業は、消費者に対してどのようなアプローチを行えば自社商品・サービスを認識してもらえるか、効果を測定・検証・改善して、精度の高いプロモーション活動を行います。


▼プロモーションの例

  • Web広告・テレビCM・POP広告
  • PR・キャンペーン
  • セール
  • サンプリング
  • インセンティブ など


直接的に商品・サービスの購入につながる行動だけではなく、企業の認知拡大やブランドイメージの向上、顧客との関係づくりもプロモーションに含まれます。

たとえば、顧客とのコミュニケーションも重要なプロモーションの一つです。そのため、最近ではSNSを活用する企業が多く見られます。

企業が行うプロモーションの方法は、こちらの記事でも詳しく解説しています。併せてご一読ください。

  プロモーションの方法とは? 特徴や実施例も併せて解説 自社商品・サービスを販売するうえでは、ターゲットに合わせたマーケティング戦略が欠かせません。また、マーケティングの重要なプロセスの一つであるプロモーションでは、自社商品・サービスをいかに消費者に知ってもらい、購買行動へつなげられるかが重要です。 マーケティング担当者のなかには、「効果的なプロモーションの方法を知りたい」「自社のターゲットに合うプロモーションの方法が分からない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 この記事では、企業のマーケティング戦略を成功に導くプロモーションの方法を4つ紹介します。 株式会社デジタルライン



プロモーションとマーケティングの違いとフレームワーク

マーケティングに関する理解を深めて施策に生かすには、プロモーションとマーケティングの違いを理解することが大切です。

ここでは、それぞれの違いのほか、戦略的なマーケティングの実施に活用できるフレームワークについて紹介します。


プロモーションとマーケティングの違い

プロモーションとマーケティングは、似て非なる言葉です。簡潔にいえば、マーケティングという枠組みの中にプロモーションが含まれているイメージです。


▼プロモーションとマーケティングの意味の違い

プロモーション
  • 商品・サービスの認知拡大と購入のための活動
  • マーケティングの一部
マーケティング
価値のある商品・サービスを生み出して売れる仕組みをつくる活動の総称


上記のとおり、プロモーションはあくまでもマーケティングの一部を指します。たとえば、プロモーションを適切に機能させるには、マーケティング戦略をしっかりと立てておくことが重要です。

そのため、マーケティングの手法を考える際は、ターゲット層や価格設定、宣伝方法など、幅広く戦略を練る必要があります。


マーケティングに活用できるフレームワーク

マーケティング戦略を立てる際に活用できる手法の一つに、アメリカのマーケティング学者であるE.J.マッカーシーが提唱したフレームワーク、“4P”があります。

4Pは、製品(Product)、価格(Price)、流通(Place) 、販売促進(Promotion)の頭文字です。それぞれの意味は次のとおりです。


▼製品(Product)

商品・サービスの品質やパッケージだけではなく、製品に関する保証やサービスも含みます。商品・サービスを通して、顧客にどのような体験やメリットを届けて、どのように差別化を図るか工夫します。


▼価格(Price)

顧客へ提供する商品・サービスを明確にしたのち、価格を設定します。価格設定においては、以下の3点を満たせるか考慮する必要があります。


  1. 顧客に対して適切な価格設定になっているか
  2. 商品・サービスの価値に適した価格設定になっているか
  3. 目標の利益を確保できる価格設定になっているか


▼流通(Place)

顧客に商品・サービスを届けるための流通経路を設定します。流通経路には以下が挙げられます。


  • 実店舗での販売
  • 代理店・小売店経由での販売
  • オンラインでの販売 など


商品・サービスのコンセプトやターゲット層に合わせて流通経路を検討することが重要です。


▼販売促進(Promotion)

商品・サービス、あるいは企業を認知してもらうための方法を決めます。販売促進の方法には、前述したプロモーションの例のほかに以下が挙げられます。


  • 新聞広告への掲載
  • ダイレクトメール・折込チラシの送付
  • メールマガジンの送信
  • ホームページの運営 など


ターゲットとなる顧客の年代やニーズに沿った方法でアピールすることで、認知拡大や購買意欲を高めて、売り上げの向上を目指します。



まとめ

この記事では、プロモーションとマーケティングについて、以下の内容を紹介しました。


  • マーケティングとは
  • プロモーションとは
  • プロモーションとマーケティングの違いとフレームワーク


プロモーションは、市場調査や商品開発をはじめとしたマーケティングの一部です。効果的なプロモーションを実施するためには、消費者ニーズを把握したマーケティング戦略が欠かせません。

インターネットを利用したマーケティング活動が一般的となった今、より生産性の高いデジタルプロモーションを取り入れることも有効といえます。

Dline』では、企業のデジタルプロモーション施策を一元管理できるキャンペーンプラットフォームを提供しています。初期費用0円・月額5万円で手軽に立ち上げることが可能です。

必要なときに必要な分のキャンペーンを一元で設定・実施できるため、時間・コストの大幅カットにも貢献します。

サービス内容や費用についての詳細は、こちらで紹介しています。ぜひご確認ください。

  プラットフォーム | Dlineキャンペーンシステム 初期費用0円、月額5万円~始められるキャンペーンプラットフォーム。サブスクリプションモデルにより、より生産的なキャンペーンを実現します。CMSのような使いやすさと、ASPの様な低価格を実現しています。種別は24種類以上。 株式会社デジタルライン


人気記事ランキング

タグ一覧

キャンペーンのことなら
Dlineにお任せください!

フォームからはこちら(24時間受付)
お電話でのお問い合わせはこちらから
営業時間(平日)9:30~19:00